2013年05月24日

Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour 5月23日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト 

行ってきました。色々と予想を良い方へ裏切られたすごいライブでした。
まずはセットリストを



1.過去と未来と交信する男
2.LOVEはじめました
3.Worlds end
4.NOT FOUND
MC
5.花言葉
6.やわらかい風
7.抱きしめたい
MC
8.Surrender
9.Pink〜奇妙な夢
10.常套句
11.CENTER OF UNIVERSE
12.擬態
13.fanfare
メンバー紹介&MC
14.イミテーションの木
15.Pieces
16.Happy Song
17.hypnosis
18.End of the day
19.innocent world
20.エソラ
21.Mashmarrow day
アンコール
22.天頂バス
23.HERO
24.祈り 〜涙の軌道

色々と個人的なポイントはありますが、まず今日の桜井さん、すごく調子が良かったんじゃないでしょうか。声が出て出て、NOT FOUNDなんかやばかったです。この曲で、今日は当たりだと思いました。

それから、中盤まで過去の曲を多く披露していて、その選曲が個人的に素晴らしかったです。花言葉、やわらかい風は初めてライブで聴きました。

そして、今日の最初のピークは、Surrenderでやってきました。
田原のギターと桜井の張り上げる声が最高にしびれるこの曲ですが、今回田原さんがだいぶギターのアレンジを加えていて、普段とだいぶ印象変わってかっこいいなと思って聞いていたら、サビで

田原が

コーラスした!!!!

コバタケではなく、田原がコーラスを担当したんですよ!!もちろんギターのフレーズはきちんと弾きながら。コーラスといってもガッツリと歌うので、事実上桜井さんとのツインボーカル状態。しかも結構しっかりしたいい声で。まさか田原の歌声が聴けるとは思ってもいませんでした。やっぱりバンドはメンバーがコーラスをやったほうがかっこいいですよ。


そして、最大の山場が来ます。それはメンバー紹介。
小林武史からJen、中川と順番に、音の指揮官だとか、顔で演奏するドラマーとか、低音の支配者とか言って桜井さんが紹介していたわけです。そして、ギター田原健一と言うと、

「こんばんは」

……しゃべったあああああ!!!!

ついに、

田原さんが、

ステージで

しゃべったんです。

間違いなく本日一番の歓声が上がりました。(こんにちはだったかもしれません、うろ覚えです)

そして

「そして、音楽をだれよりも愛する天才、桜井和寿」

うおー!!!ってなりましたよ、会場中で。エライことが起きたなと思いました。今日目撃できてよかった笑。他の会場はどうだったんだろう。

そんな色んなことがあった素晴らしいライブでしたが、小林武史のキーボードは相変わらず好きになれないですね。サポートメンバーなんだから、補助に徹すること第一で臨んでいただきたい。曲によってはお前のソロかと突っ込みたくなりました。抱きしめたいのソロとかディレイかけていたのか、聴きづらくて。

アリーナ席の後方で見ていましたが、さいたまは音がいいですね。声の調子も良かったし、今日が収録ならよかったんですが、撮影機材などは入っていないみたいでしたね。収録当日の公演も、今日みたいに良いパフォーマンスだといいなと思います。

人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ラベル:音楽 ミスチル
posted by Shim at 00:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ