2015年06月05日

ロックバンドの帰還 〜REFLECTION {Naked} 

Mr.Childrenのニューアルバム,REFLECTIONが発売となった。実は現在まだ聞き終わっていないのだが,この気分はアルバムを聴き終わっても変わらないと確信出来るため、この思いを書き記す。


素晴らしい。


前回の記事で、小林武史が離れたからといってミスチルの音楽が大きく変わることはないだろうなどと書いたが、その心配は杞憂に終わった。デビューから23年を迎えたバンドが、どうしてこんなにも新鮮で心を揺さぶる音が奏でられるのか。優しいのにヒリヒリとして、ポップなのに冷徹で、時には心の隙間を切り裂かれるような衝撃を受けたのはいつ以来だろう。

正直、これからのミスチルに過去に受けたような衝撃や感動を期待することはあきらめていた。それでも、今までにミスチルから受けた感動は紛れもないもので、活動を続け新作をリリースしてくれるだけでも十分だと思っていた。似たような曲ばかりでも仕方がない。桜井だって人間だ。いつまでも新しいものを生み出せることはないのだと思っていた。だが、やはり桜井は天才だった。セルフプロデュースの試行錯誤の中で生み出した作品はどれもこれまでにない種類の光を放っていて、長く忘れていた心象風景を呼び起こされるようだった。これがミスチルがミスチルたる所以である。やっぱりミスチルでなくちゃダメなんだと思わせてくれる作品をこうして聴けることに素直に感謝したい。

ロックとは何か?この使い古された問いに答えを求めることには何の価値もないことは重々承知している。だが、仮にロックとは、何かに対する強い意思のもとに鳴らされる音楽であると定義したとしよう。その意味においては、新たな可能性を模索し、強い欲求をもって主体的に音楽を鳴らすことをミスターチルドレンが求めたのが、このREFLECTION {Naked}なのではないだろうか。そしてその欲求が、この作品を近年の作品とは明らかに異なる空気をまとわせているのだろう。国民的バンドとまで呼ばれるようになったグループが、更なる変貌を遂げ、ロックバンドとしてメインストリームに返り咲くと同時に、新たな一歩を踏み出した記念作品である。



人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ占いnp&
posted by Shim at 01:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ