2016年10月23日

【オリジナル曲】 Last summer

Last summer

written by Shim






少しだけ冷たい 風が頬を撫でる
いつもと変わらない 景色の中で

流れていく時間 繰り返す日常
続いているのに ここはどこだろう?

眩しくて 目を逸らした あの日々を 今も覚えていて
少しだけ 早くなった 夕焼けに 何かが消えてった

気まぐれな決意で またやり直して
膨らませてきた 影と旅立つ

気付けば続いてた雨も上がってきて
雲の隙間から 光の陰が

何気なく流してみた メロディーが 僕を引き戻す
あの頃と 僕は何を 変われたか 何をなくしたのか?

眩しくて 目を逸らした あの日々は 今も輝いてて
鮮やかな もどかしさも 今ならば 許せるはずさ
会いたくて走り出した もう一度 声が聞きたくて
いつの日か どこかでまた あの虹を超えてみたいから





人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ🔮np&
posted by Shim at 20:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

【オリジナル曲】 Let me be free

Let me be free

written by Shim






空回りし続ける 当てのない想像で
花のように佇む 可憐な午後の夢が 消えた

話したい言葉なら 山のようにあるけど
なぜかうまく言葉が 浮かばないままなんだ

Let me be free
Let me be free again
Let me be free Let me be free
Let me be free

哀しい嘘の中に 少し酔いしれてたり
いびつな魅力だって 消えてしまったんだね

分かってても結局は 相変わらず今でも
あの日のあの姿を 求めてるだけなのか

Let me be free
Let me be free again
Let me be free Let me be free
Let me be free

Let me be free…

話し合えばなおさら 埋められない隔たり
分かり合えないことも 乗り越えてみたいのさ




人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ🔮np&
posted by Shim at 23:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

【オリジナル曲】 スプートニク

スプートニク

written by Shim







軌道外れた船を眺めてた 撃ち落とされたロケットの窓
意識の彼方に見た幻が 光の中に溶けて消えてく

壊れたいわけじゃない 今いるこの瞬間を 感じていたいだけ
取り残されたまま 救われないとしたって まだここにいたいのさ

積まれた荷物を一つ降ろして 手に入れたのは自由それとも…?
残されたままの足跡だけが 存在のただ一つの証

耐え切れない日々だって 形を変えながら 生き延びてきたのさ
名前のない海で 息が出来なくなったって まだ君を待ってる

燃え尽きる前に 光をまき散らして 世界を照らしたんだ
明けない夜が来て 終わりを受け止めたんだ でもここにいたいのさ




人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ🔮np&
posted by Shim at 01:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに参加しています!以下のリンクのクリックをよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ